審査に通らない原因

 

複数の業者への返済にせまられ、早くおまとめローンで借入先を1業者に絞りたいというあなた!
その判断は間違いなく正しいです。

 

しかし、いざ、おまとめローンに申し込もうとすると、
まさかの・・・、審査に通らない、という人がチラホラ出てくるんですね。

 

その原因は一体なんなのか、
おまとめローンの審査に申し込む前に気をつけておくべきことを、ぜひぜひ理解しておきましょう。

 

 

審査に落ちるのはこんな人です!

 

 

チェック

借入件数が多すぎる人!

バツ

おまとめローンにしようとしている人は、大抵、複数の業者からお金を借りていますよね。
その借入件数が多ければ多すぎるほど審査に通りにくく、
借入件数が4社以上ある場合は、審査に通ることはほぼありません。

 

1社から決まった金額しか借りられず、複数の業者からお金を借りているという、
金銭的にかなり困っている様子を伺うことができるからです。

 

 

チェック

申し込みブラックになっている人!

考える

キャッシングの審査に申し込む時に、
「審査に落ちるかもしれないから複数業者に申し込んでおこう」と思っている人いませんか?

 

この申し込み履歴、というのも実は記録に残るんです。
ということは、あなたがいくつの業者に申し込んでいくつ審査に落ちたかもわかるのです。
困窮している様子、しかも審査に通らなかったという事実まで伝わってしまいます。

 

1ヶ月以内に3社以上申し込みをしている人は、申し込みブラックと呼ばれるので気をつけましょう。

 

 

チェック

総量規制にひっかかっている人!

びっくり

年収の3分の1以上の借入は認められない、というのが総量規制です。
この場合、年収300万円の人だと、借入できるのは最大100万円までです。

 

年収300万円の人が200万円借りたいと申し込んでも審査には落ちますし、
同じく収入のない専業主婦なら、1円すら借りることができません。

 

ただ、総量規制の対象となるのは消費者金融のみで、銀行は対象外となっています。
自分の年収の3分の1以上の金額が必要な人や専業主婦でも、銀行なら申し込むことができます→みずほ銀行カードローン

 

 

チェック

過去に金融事故を起こしている人!

泣く

これまでに3ヶ月以上の支払いの滞納があった場合、
もしくはいまだに支払っていなくて、まだ未納になっているものがある場合は、
金融事故を起こしたとされ、信用情報機関に履歴として残ってしまいます。

 

いわゆるブラックリスト入りした、という名目になってしまいます。
この記録は約5年ほど残るので、延滞や未納には気をつけて信用を失わないようにしましょう。

 

 

チェック

ステータスが安定していない人

悩む

審査に申し込む時に、収入や住居、勤務先や勤続年数などを記入します。
お金を貸して返済してもらうわけですから、業者もきちんとした人でないと貸してくれません。

 

この時、安定した収入が求められるため、
同じ居住先に数年住んでいるか、同じ会社に数年勤めているか、などがカギとなります。

 

職や住居を転々としている人は審査に通りにくい、といっても過言ではありません。

 

このなかで、自分が当てはまっていないことを確認したうえで審査に申し込むことをオススメします。

 

 

トップページへ戻る 【おまとめローンにすることのメリット】