オリックス銀行との比較

 

重要

私たちのような主婦は、
収入がないことor収入が少ないことがお金を借りるうえでデメリットなんです。

 

収入がなければ、総量規制対象の消費者金融からの借入はまず不可能です。

 

でもそれはそれでいいんです。
主婦の私たちが求める業者は、なんといっても金利が安いところですから。

 

 

消費者金融は「審査が甘め、でも金利が高い」といったところが多いです。

 

私自身収入はないけれど、主人はきちんと働いてますし、審査は特に心配していません。
それならば「審査はきびしめ、でも金利が安い」という銀行系がやっぱりオススメなんです。

 

 

オリックス銀行とみずほ銀行を比べてみました!

 

私の友達がお金を借りる際に迷った2業者が「オリックス銀行」と「みずほ銀行」です。
そして、比較してみるといろいろな違いがありました。

 

 

オリックス銀行

みずほ銀行

業者

オリックス銀行

みずほ銀行

形式

店舗を持たないネットバンク

店舗を持つ大手銀行

金利

3.0%〜17.8%

4.0%〜14.0%

限度額

最高800万円

最高1,000万円

収入証明

300万円までは不要

200万円までは不要

口座開設

不要

必要

即日融資

ほぼ不可能

  • 審査だけで2〜3日はかかる
  • 初回融資までは最低3営業日必要
  • 融資は約1週間を目安にしておくほうが無難

可能

  • みずほ銀行口座を開設することが条件
  • みすほダイレクトに申し込むとさらにスムーズ
  • 銀行のなかでは審査が早いことで有名

ATM手数料

終日手数料無料

みずほ銀行ATMの場合
  • 平日8時45分から18時00分まで無料

その他の時間帯

  • 利用金額1万円以下の場合108円
  • 利用金額1万円以上の場合216円

 

オリックス銀行 

 

金利は銀行としては高め、融資までに時間がかなりかかることから、残念ながらメリットはあまりないかもしれません。
ネットでは「即日融資可能」とチラチラみかけますが、実際はほぼ不可能でカードが手元に届いてからの融資になるそうです。

 

あえてメリットをいうなら、800万円借りる人には金利が3%とかなり低いのでおすすめできる、というくらいでしょうか。
主婦でそこまで借入する人もそう多くはないと思うんですが(笑)

 

 

みずほ銀行

 

まず口座開設、というちょっと面倒だなと思うことはあるかもしれませんが、口座開設をするとあとが楽です!
しかも即日で融資も受けられるというのは、急な出費が必要になった時でも助かりますね。

 

あまり多額を借入する人は少ないと思うので、金利はたいていの場合、最高額の14%になるでしょう。
この場合、最高金利14.0%のみずほ銀行と最高金利17.8%のオリックス銀行の金利を比較するとその差は3.8%。

 

例えば30万円借りたとしましょう。

  • みずほ銀行に返済する利息分は、30万円×金利14%÷365日×30日=3452円
  • オリックス銀行に返済する利息分は、30万円×金利17.8%÷365日×30日=4389円

 

同額のお金を同一期間借りたとしても、1ヶ月の返済利息分937円の差がでるんです。
ましてや、お金を借りている期間が長ければ長いほど、その差は大きくなってきます。

 

やはり「金利が安い」というのは一番のポイントになってくると思いますよ。
そして友達が選んだのは、もちろん金利の安い「みずほ銀行」でした。

 

みずほ銀行をさらに詳しく解説