子どもを一人前にするまでにかかる総額に絶句。

子育て

計算してみると想像を絶するほどお金がかかってる子育て。

 

子どもが大人になるまでにかかるお金には二つ種類があります。

 

まず最初に養育費。そして教育費

 

養育費は一般家庭でかかるお金は大体同じだとしても
教育費に関しては子どもの進路により全然変わってきます。

 

私立に通えば高額になる教育費

幼稚園児

幼稚園から高校まで全て公立に通った場合と、
全て私立に通った場合を見てみると差は歴然です。

 

  • 全て公立:約500万円
  • 全て私立:約1700万円

 

なんと三倍以上の差があるんです!引きますわ〜この結果…(笑)

 

ここからさらに大学に通うことになればまたドーンと額が上がります。
学費

 

国立に行けたらプラス500万円ほど。
私立なら700万円〜800万円ほどプラス。

 

つまり、幼稚園から大学まで全て私立に通わせたら
一人につき教育費だけで約2500万円!!

 

もう一度言いますが、これ、教育費だけですよ?
これに養育費を足すと…えげつない額になります。

 

ちなみに養育費には一人につき年間約100万円かかると言われているので
22年間養育したとして…さっきのにプラス2200万円ときたら…

 

4700万円?!家買えるーーー!!(汗)
家買えるやん!
全て公立に行けたとしても3000万円はかかってしまう計算です。

 

子どもにかかるお金だけ計算することってないので、
日々気づいてないですが改めて見てみるとこんなにかかっているとは…と驚きです。

 

そりゃ専業主婦もカードローンしなくちゃ家計回せないわけですよ!

この結果をみるとこどもには是非とも公立に通い続けて欲しいのが親の本音ですが…

学費ヤバい…

 

子どもの夢や希望をなくさせたくないので
もしも子どもが希望するなら背伸びしても私立に通わせてあげたい…
でもまとまったお金がすぐには用意できそうにない…

 

と困っている専業主婦はカードローンで補えることも覚えておくと
子育てで急遽お金が必要になったときに役立つはずです。

 

『現役主婦が徹底解説!みずほ銀行おまとめローン』のトップページに戻る